富士宮市: 白糸の滝

  静岡県:歴史・観光・見所富士宮市・観光>白糸の滝
富士宮市・見所
 ・ 北山本門寺
 ・ 本成寺
 ・ 富士山浅間大社
 ・ 井出家住宅
 ・ 湧玉池
 ・ 工藤裕経の墓
 ・ 村山浅間神社
 ・ 妙蓮寺
 ・ 西山本門寺
 ・ 織田信長首塚
 ・ 大石寺
 ・ 音止の滝
 ・ 狩宿の下馬桜
 ・ 白糸の滝
 ・ 曽我の隠れ岩
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
 ・  
概要・歴史・観光・見所
白糸の滝(富士宮市)概要: 白糸の滝は静岡県富士宮市上井出に位置しています。白糸の滝は富士山の雪解け水が新富士火山層を染み込み不透水層である古富士火山層の上を伏流水となって流れ落ち、幅約200mの湾曲した絶壁の隙間から湧き出している滝です。高さ約20mの高さから大小数百の滝が玉すだれのように落ちる白糸の滝の様は富士山が造りだした印象深い景勝地の1つで名称の由来にもなっています。又、白糸の滝は伏流水の為、比較的安定した水量(毎秒1.5トン)と水温(平均水温は11度)を保っていて特に夏場は冷気を感じ、時折見せる小さな虹の姿は幻想的な雰囲気をかもし出しています。又、白糸の滝周辺は日本三大仇討ちの1つに数えられる「曽我兄弟の仇討ち」の舞台でもあり、白糸の滝のすぐ上にある「お鬢水(仇討ちは源頼朝の巻狩の最中に起こった事件で、頼朝はこの水で髪の毛を整え"この上に いかなる姫や おはすらん おだまき流す 白糸の滝"の歌を残しています。)」や「音止の滝」、「曽我の隠れ岩」、「工藤祐経の墓」などがあります。白糸の滝は昭和11年(1936)に名称「白糸ノ滝」として国の名勝及び天然記念物に指定、昭和25年(1950)に毎日新聞社が企画した「観光百選滝の部」の1位、平成2年(1990)に環境庁(現在の環境省)と林野庁の後援のもと、緑の文明学会、グリーンルネッサンス、緑の地球防衛基金の3団体が企画した「日本の滝百選」に選定されるなど富士宮市を代表する観光地となっています。又、平成25年(2013)には名称「富士山-信仰の対象と芸術の源泉」の構成資産の一つとしてユネスコの世界遺産に登録されています。
白糸の滝
白糸の滝
[ 付近地図: 静岡県富士宮市 ]・[ 富士宮市:歴史・観光・見所 ]
白糸の滝 白糸の滝 白糸の滝 白糸の滝
白糸の滝 白糸の滝 白糸の滝 白糸の滝
静岡県(ホーム)へ戻る

 
 ※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県:歴史・観光・見所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。