伊東温泉: 和田寿老人の湯

  静岡県:歴史・観光・見所伊東温泉:歴史・観光・見所>和田寿老人の湯

概要・歴史・観光・見所
和田寿老人の湯(伊東温泉)概要: 和田寿老人の湯の前身である和田湯は和田寿老人の湯慶長3年(1598)、伊東の地主として名を馳せた下田氏が湯小屋を設けたのが始まりとされます。伊東温泉では最古の温泉(伊東温泉の発見は不詳ですが貞観年間に藤原資範が入浴したとの記録があります。)とされ伊東三湯(和田湯、 出来湯、猪戸ノ湯)に数えられました。慶安3年(1650)には病弱だった3代将軍徳川家光の為に源泉をお汲みあげが行われました。家光がその温泉に浸かると次第に健康を取り戻したことから、その効能が広く知られるようになり将軍献上の湯として高い格式を誇りました。昭和11年(1936)には俳諧である種田山頭火も和田湯に入湯しており「 伊豆は生きるにも死ぬるにもよいところである。伊豆は至るところに花が咲いて湯が湧く、・・・大地から湧きあがる湯は有難い。」と日記に記しています。泉質は単純温泉(低張性・弱アルカリ性・高温泉)44.1度、無色透明無味無臭。効能はリウマチ・神経痛・運動器傷害・疲労回復など。

和田寿老人の湯:写真

和田寿老人の湯
[ 付近地図: 静岡県伊東市 ]・[ 伊東市:歴史・観光・見所 ]

伊東温泉:共同温泉

旅館いな葉
旅館いな葉
旅館いな葉
岡布袋の湯
岡布袋の湯
岡布袋の湯
松原大黒天
松原大黒天の湯
松原大黒天の湯
毘沙門天
毘沙門の湯
毘沙門天芝の湯
布袋尊の湯
布袋尊の湯
小川布袋尊の湯
弁天の湯
弁天の湯
弁天の湯
和田老寿神
和田寿老人の湯
和田寿老人の湯
 
白
 
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。