藤枝市: 天満宮

  静岡県:歴史・観光・見所藤枝市:歴史・観光・見所>天満宮

概要・歴史・観光・見所
天満宮(藤枝市)概要: 天満宮は静岡県藤枝市藤枝に鎮座しています。天満宮の創建は不詳ですが、江戸時代中期の宝永4年(1707)に打越に再建され際には社領2石を擁していました。明治時代初頭に発令された神仏分離令を経て、明治2年(1869)に村社に列し、明治8年(1875)に現在地に遷座、明治40年(1907)に神饌幣帛供進社に指定されています。境内には増田五郎右衛門の石碑が建立されています。増田五郎右衛門は田中藩(藩庁:田中城)の領内にある志太郡細島村の名主で、江戸時代後期の文化3年(1806)に台風により農作物が甚大な被害を受けた為、減税を求めて一揆を指導、減税は何とか受け入れられたものの、首謀者である五郎右衛門は自首し文政元年(1818)に処刑されています。祭神は菅原道真(愛称:お天神さん)、相殿は津島神社、秋葉神社、金比羅神社、出雲大社の4社です。

天満宮:写真

天満宮
[ 付近地図: 静岡県藤枝市 ]・[ 藤枝市:歴史・観光・見所 ]
天満宮 天満宮 天満宮 天満宮


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。