下田街道

  静岡県:歴史・観光・見所(ホーム)静岡県の街道>下田街道

概要・歴史・観光・見所
下田街道概要: 下田街道は東海道の三嶋宿と下田を結ぶ陸道でしたが、天城峠が南伊豆と北伊豆を分ける大きな障害となり、江戸時代以前は海路の方が数段に発達していました。江戸時代中期頃から伊豆半島が旗本領、沼津藩領、掛川藩領、小田原藩領がそれぞれ配された為、それらの領地を繋ぐ陸路が重要視されるようになりました。その頃になると街道沿いの主要の村々には継立場が設置され通行人の数も飛躍的に増えています。幕末になると下田港が海外貿易や海外交渉の重要地となった為、初代駐日総領事タウンゼント=ハリスや吉田松陰なども下田街道を利用しています。明治時代以降は文人墨客などが多数利用し多くの作品にも登場しています。

下田街道のルート
三嶋宿−原木村−大仁村−湯ヶ島村−梨本村−芽原野村−箕作村−下田港


東海道
下田街道
三嶋宿
下田街道
原木村
下田街道
大仁村
下田街道
湯ヶ島村
下田街道
梨本村
下田街道
芽原野村
下田街道
箕作村
下田街道
下田港


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「長野県:歴史・観光・見所」は「郷土資料辞典 長野県」、「長野県の歴史」「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」を参考にさせていただいています。