松崎町: 旧中瀬家住宅

  静岡県:歴史・観光・見所松崎町:歴史・観光・見所>旧中瀬家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧中瀬家住宅(松崎町)概要: 旧中瀬邸は江戸時代中期にあたる明治20年(1887)に依田直吉邸(依田直吉呉服店)の商家建築として建てられたものです。正式名は「依田直吉呉服店」で一般的には屋号である「中瀬」と呼ばれていたようです。老舗というよりは時流に乗り数代で大地主として成長した豪商で家業である呉服商の他、様々な商品を取り扱ったようです。

邸宅は海鼠壁の建物が多い松崎町の中でも一際目に付く大規模なもので、現在でも敷地内には主屋や土蔵を含め7棟の建物が残され往時の豪商としての繁栄を伝えています。主屋は木造2階建、塗屋造、切妻、桟瓦葺、平入、外壁は略前面海鼠壁で仕上げられ、1階正面は下屋が張り出し開口部は格子戸、内部正面は床板の店、その背後には畳敷きの居間や座敷が配され、銘木、良材が惜しみなく使われている他、欄間や障子の桟の透かし彫り、意匠の富んだ釘隠し(依田家の家紋である橘を模した有田焼製)、格式の高い床の間(違い棚、書院付)など当時の繁栄が窺えます。

店からは内庭まで通庭(土間)が続き、敷地背後に配された土蔵までは船大工が腕を振るったとされる曲梁を用いた渡り廊下で繋がっています。主屋に続く土蔵扉内側には龍と波、虎と竹林などの鏝絵が施され、内蔵には黒漆喰で仕上げるなど随所に松崎町の左官技術の高さが窺えます。現在は町が譲り受け依田家の資料展示や御土産の販売、喫茶コーナーなどを併設した観光案内所として一般公開されています。

旧中瀬家住宅:写真

旧中瀬家住宅
[ 付近地図: 静岡県松崎町 ]・[ 松崎町:歴史・観光・見所 ]
旧中瀬家住宅 旧中瀬家住宅 旧中瀬家住宅 旧中瀬家住宅
旧中瀬家住宅 旧中瀬家住宅 旧中瀬家住宅 旧中瀬家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。