静岡浅間神社: 大拝殿

  静岡県:歴史・観光・見所静岡浅間神社:歴史・観光・見所>大拝殿

概要・歴史・観光・見所
大拝殿(静岡浅間神社)概要: 静岡浅間神社大拝殿は江戸時代後期の文化11年(1814)に幕府によって造営されたもので大拝殿切妻、本瓦形銅板葺、桁行7間、梁間4間、屋根には千鳥破風と入母屋の楼閣が設けられ、浅間造と呼ばれています(富士山本宮浅間神社の本殿は浅間造の典型とされます)。建物全体に精緻な彫刻が施され極彩色で彩られ、金物は金箔で仕上げられ、境内を象徴する大規模社殿建築です。静岡浅間神社大拝殿(附:棟札1枚、絵図2枚)は江戸時代後期の神社拝殿建築の遺構として大変貴重な存在で昭和46年(1971)に名称「神部神社浅間神社23棟(旧神部神社浅間神社大歳御祖神社24棟)」として国指定重要文化財に指定されています。

大拝殿:写真

大拝殿
[ 付近地図: 静岡県静岡市 ]・[ 静岡市:歴史・観光・見所 ]
大拝殿 大拝殿 大拝殿 大拝殿


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。