静岡浅間神社: 総門

  静岡県:歴史・観光・見所静岡浅間神社:歴史・観光・見所>総門

概要・歴史・観光・見所
総門(静岡浅間神社)概要: 静岡浅間神社総門は江戸時代後期の文化14年(1817)に建てられたもので、木造平屋建て、切妻、本瓦形銅板葺、三間一戸、桁行3間、張間2間、八脚単層門、外壁は朱色で彩られていますが華美な装飾は少なく質実な建物です。形状から神仏習合時代には仏教色の強い仁王像が安置されていたと思われますが、明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃された際、同じ静岡市内に境内を構え今川家の菩提寺だった臨済寺の山門(楼門)に遷されています。総門(附:棟札1枚、絵図1枚)は静岡浅間神社の境内を構成する要素として大変貴重な事から昭和46年(1971)に名称「神部神社浅間神社23棟(旧神部神社浅間神社大歳御祖神社24棟)」として国指定重要文化財に指定されています。

総門:写真

総門
[ 付近地図: 静岡県静岡市 ]・[ 静岡市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。