修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂

  静岡県:歴史・観光・見所伊豆修善寺温泉:歴史・観光・見所>修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂

概要・歴史・観光・見所
修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂概要: 修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂は明治45年(1912)にニコライ大主教(ニコライ・カサートキン:ロシア人、日本に正教を伝道した人物で日本正教会の創建者。)の病気平癒を祈願して建てられた建物で、木造2階建、外壁は白漆喰仕上げ、縦長の上げ下げ窓の採用、軒下の持ち送り、尖塔屋根塔屋、主要開口部上部のファンライト(半円形欄間)など当時の洋風建築の要素を取り入れています。聖堂内部にある聖障や聖器物は、旅順にあったロシア正教会のものを復元した物でニコライ大主教に託さたと言われ、聖所にある十字架の聖像は「山下りん(ペテルブルクに留学後日本最初のイコン画家となり明治時代に活躍した人物)」の筆となされます。明治時代に建てられた木造洋風教会建築の遺構として貴重な存在で昭和60年(1985)に静岡県指定有形文化財に指定されています。

修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂:写真

修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂
[ 付近地図: 静岡県伊豆市 ]・[ 伊豆市:観光・見所 ]
修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂 修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂 修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂 修善寺ハリストス正教会顕栄聖堂


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県:歴史・観光・見所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「観光パンフレット」、「観光案内板」、「静岡県観光記」、「国民保養温泉地」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。