掛川藩

  静岡県:歴史・観光・見所(ホーム)静岡県の城下町>掛川藩
掛川藩概要
掛川藩概要: 慶長6年(1601)、松平定勝が3万石で入封し掛川藩を立藩、江戸時代初期は藩主がめまぐるしく変わり、2代定行が元和3年(1617)に桑名藩(三重県桑名市)に移封になると安藤直次が2万8千石で入封、紀伊田辺藩(和歌山県田辺市)に移封になると下妻藩(茨城県下妻市)から松平定綱が3万石で入封、寛永9年(1632)に定綱が改易になると、青山幸成が2万6千石で入封、寛永12年(1635)に幸成が尼崎藩(兵庫県尼崎市など)に移封になると、田中藩(静岡県藤枝市)から松平忠重が4万石で入封、2代忠倶が飯山藩(長野県飯山市)に移封になると本多忠義が7万石で入封、忠義が正保元年(1644)に村上藩(新潟県村上市)に移封になると田中藩から松平忠晴が3万石で入封、忠晴が慶安元年(1648)に亀山藩(京都府亀山市)に移封になると田中藩から北条氏重が3万石で入封、万治元年(1658)、北条家が改易になると西尾藩(愛知県西尾市)から井伊直好が3万5千石で入封、宝永2年(1705)に4代直矩が与板藩(新潟県長岡市)に移封になると松平忠喬が飯山藩(長野県飯山市)から4万石で入封、忠喬が正徳元年(1711)に尼崎藩(兵庫県尼崎市など)に移封になると小笠原長煕が岩槻藩から6万石で入封、3代長恭が延享3年(1746)に棚倉藩(福島県棚倉町)に移封になると、館林藩(群馬県館林市)から太田資俊が5万石で入封、太田家は7代にわたり藩主を歴任に明治維新を迎えています。
  スポンサーリンク
 

掛川藩歴代藩主
 藩主名藩主年間石高備考
初代松平定勝1601〜1607年1万石 
2代松平定行1607〜1617年1万石 
初代安藤直次1617〜1619年2万8千石 
初代松平定綱1619〜1623年3万石 
初代朝倉宣正1624〜1632年2万6千石 
初代青山幸成1633〜1635年3万3千石 
初代松平忠重1635〜1639年4万石 
2代松平忠倶1639年4万石 
初代本多忠義1639〜1644年7万石 
初代松平忠晴1644〜1648年2万5千石 
初代北条氏重1648〜1658年3万石 
初代井伊直好1659〜1672年3万5千石 
2代井伊直武1672〜1694年3万5千石 
3代井伊直朝1694〜1705年3万5千石 
4代井伊直矩1705〜1706年3万5千石 
初代松平忠喬1706〜1711年4万石 
初代小笠原長煕1711〜1739年6万石 
2代小笠原長庸1739〜1744年6万石 
3代小笠原長恭1744〜1746年6万石 
初代太田資俊1746〜1763年5万石 
2代太田資愛1763〜1805年5万石 
3代太田資順1805〜1808年5万石 
4代太田資言1808〜1810年5万石 
5代太田資始1810〜1841年5万石 
6代太田資功1841〜1862年5万石 
7代太田資美1862〜1868年5万石 

掛川藩
掛川藩:町並み 掛川藩:町並み 掛川藩:町並み 掛川藩:町並み 掛川藩:町並み
掛川藩城下町:名所・旧跡
掛川城
掛川城
掛川城
掛川城御殿
掛川城御殿
掛川城御殿
龍尾神社
龍尾神社(掛川城の鬼門)
龍尾神社
龍華院
龍華院
龍華院
 
白
 

スポンサーサイト

静岡県の城下町一覧表
沼津市(沼津藩):−城下町
・沼津城・日枝神社・城岡神社・乗運寺
藤枝市(田中藩):−城下町
・田中城・飽波神社・大慶寺・蓮生寺
静岡市(天領:駿府城):−城下町
・駿府城・静岡浅間神社・駿府町奉行所・小梳神社・臨済寺
浜松市(浜松藩):−城下町
・浜松城・宗源院・浜松八幡宮・鴨江寺
掛川市(掛川藩):−城下町
・掛川城・掛川城御殿・龍尾神社・龍華院・妙法華寺
掛川市(横須賀藩):−城下町
・横須賀城・横須賀町番所・三熊野神社・撰要寺・本源寺
牧之原市(相良藩):−陣屋町
・相良城・大澤寺・飯津佐和乃神社・御館稲荷

※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。写真や文章のコピーは行わないでください。