裾野市: 定輪寺

  静岡県:歴史・観光・見所裾野市:歴史・観光・見所>定輪寺

概要・歴史・観光・見所
定輪寺(裾野市)概要: 桃園山定輪寺は静岡県裾野市桃園に境内を構えている曹洞宗の寺院です。定輪寺の創建は不詳ですが清和天皇の皇子貞純親王が開いたのが始まりと伝えられています。当初は真言宗の寺院でしたが永享12年(1440)に曹洞宗に改宗されました。定輪寺は室町時代に活躍した連歌師飯尾宗祗の寺院として知られ、文正元年(1466)と文明3年(1471)の2度当寺に滞在したことがあり、文亀2年(1502)越後から帰途中に箱根湯本で死去すると定輪寺に埋葬されることになりました。境内には墓地から移された宗祗の五輪塔と「なべて世の風をおさめよ神の春」、「世こそ秋ふじはみゆきの初嵐」の句碑が建立され貴重な事から昭和51年(1976)に裾野市指定史跡に指定されています。山号:桃園山。宗派:曹洞宗。本尊:釈迦如来。

定輪寺:写真

定輪寺
[ 付近地図: 静岡県裾野市 ]・[ 裾野市:歴史・観光・見所 ]
定輪寺 定輪寺 定輪寺 定輪寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。