熱海温泉: 市外通話発祥の地

  静岡県:歴史・観光・見所熱海温泉:歴史・観光・見所>市外通話発祥の地

概要・歴史・観光・見所
市外通話発祥の地(熱海温泉)概要: 市外通話発祥の地は静岡県熱海市上宿町に位置しています。市外通話は明治22年(1889)、東京と熱海を結んで回線が敷かれたのが初めてとされます。明治時代、熱海温泉は東京から比較的近く温泉の泉質と共に風光明媚だった為、数多くの政治家や政府高官が訪れ、東京との電話連絡が重要視されました。当初は熱海側は熱海電信局、東京側は東京電信局を結び通信料以外に呼び出し手数料を取っていました。この構造物は明治33年(1900)に東京の京橋に設置された日本最初の公衆電話ボックスを模して復元したものです。

市外通話発祥の地:写真

市外通話発祥の地
[ 付近地図: 静岡県熱海市 ]・[ 熱海温泉:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。