熱海温泉: 清左衛門の湯

  静岡県:歴史・観光・見所熱海温泉:歴史・観光・見所>清左衛門の湯

概要・歴史・観光・見所
清左衛門の湯(熱海温泉)概要: 清左衛門の湯は静岡県熱海市東海岸町に位置しています。清左衛門の湯案内板によると「 昔、農民の清左衛門という者が馬を走らせて、この湯壷に落ちて焼け死んだので、その名が付いたといいます。明治までは、昼夜常に湧き出て絶えることがありませんでした。人が大きな声で呼べば大いに沸き、小さな声で呼べば小さく湧き出たといわれています。」とあります。現在でも泉温90℃という源泉が豊富に湧き出ていて、隣接する古屋旅館が独占的に利用しているそうです。泉質はナトリウム・カルシウム−塩化物温泉(低張性・アルカリ性・高温泉)。知覚的試験によると殆ど無色、透明、微塩味、微苦味、無臭、ガス発生なし。効能は一般的適応症に加えて、切傷、火傷、慢性皮膚炎、虚弱児童、慢性婦人病。

清左衛門の湯:写真

清左衛門の湯
[ 付近地図: 静岡県熱海市 ]・[ 熱海温泉:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。