熱海市: 温泉寺

  静岡県:歴史・観光・見所熱海温泉:歴史・観光・見所>温泉寺

概要・歴史・観光・見所
温泉寺(熱海市)概要: 温泉寺は静岡県熱海市上宿町に境内を構えています。温泉寺の創建は後醍醐天皇の忠臣授翁(藤原藤房:京都妙心寺2世、後醍醐天皇の信頼が篤く建武の新政では恩賞方筆頭となった人物)によって開かれたのが始まりとされます。境内の松は授翁が手植えしたと伝えるもので推定樹齢500年、熱海八景(成島柳北が選定し明治21年:1888年、山本光一によって描かれた熱海の名所:梅園の春暁・來宮の杜鵑・温泉寺の古松・横磯の晩涼・初島の漁火・錦ヶ浦の秋月・魚見埼の帰帆・和田山の暮雪)にも数えられています。境内前に建立されている唯念名号塔は嘉永5年(1852)に建てられたもので江戸末期に活躍した念佛行者唯念上人(国定忠治の子分だった人物)の書体によるものです。臨済宗妙心寺派、本尊は如意輪観世音菩薩。本堂は入母屋、銅板段付本瓦葺き、平入、桁行7間。湯河原地蔵堂は宝形造、銅板葺、桁行4間、梁間4間。

温泉寺:写真

温泉寺
[ 付近地図: 静岡県熱海市 ]・[ 熱海温泉:歴史・観光・見所 ]
温泉寺 温泉寺 温泉寺 温泉寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。