富士市: 旧松永家住宅

  静岡県:歴史・観光・見所富士市:歴史・観光・見所>旧松永家住宅

概要・歴史・観光・見所
旧松永家住宅(富士市)概要: 松永家は旗本領だった平垣村の代官を務めた家柄で豪農兼郷士といった身分で、敷地内には旗本の陣屋を設けて領主の代わりに年貢の徴収や簡易な裁定などを担っていました。その為、屋敷には表門(切妻、桟瓦葺、一間一戸、薬医門)や身分の高い人物しか利用出来ない式台付きの玄関や書院、上段の間(床の間、違い棚付)などがあり武家屋敷に類似する格式の高いものです。往時は広大の屋敷内に見事な庭園があり明治元年(1868)の明治天皇の御東行の際には休息御座所として利用され、明治25年(1892)に製作された「静岡県明治銅版画風景集」に紹介される程で主屋は約150坪、20余りの部屋数だったとされます。現在の主屋は安政4年(1857)に建てられたと伝えられるもので、木造平屋建、寄棟、桟瓦葺、桁行18.95m、梁間12.74m、富士市市内では松永家住宅のような武家風豪農建築の遺構は非常に少なく貴重なことから平成12年(2000)に富士市指定有形文化財に指定されています。

旧松永家住宅:写真

旧松永家住宅
[ 付近地図: 静岡県富士市 ]・[ 富士市:歴史・観光・見所 ]
旧松永家住宅 旧松永家住宅 旧松永家住宅 旧松永家住宅


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。