富士市: 旧眺峰館

  静岡県:歴史・観光・見所富士市:歴史・観光・見所>旧眺峰館

概要・歴史・観光・見所
旧眺峰館(富士市)概要: 眺峰館は明治25年(1892)、鈴木家が営んでいた料理店の玄関塔屋として建てられたもので、木造3階建、尖塔屋根、銅板葺。外壁の下見板張りや軒先のバージボード(軒先の飾り板)、細長の上げ下げ窓、鎧戸、ベランダの手摺の意匠、八角形の平面など随所に当時の洋風建築の要素を取り入れています。眺峰館は3階から眺める富士山が絶景だったところから命名され多くの人達から利用されましたが、明治40年(1907)道路の拡幅工事に伴い大渕大昭和園芸センターに移され、近年になり寄贈の上現在地(広見公園)に移築保存されることになりました。旧眺峰館は富士市内に残る数少ない明治時代の洋風飲食商業建築の遺構として貴重な存在で平成12年(2000)に富士市指定有形文化財に指定されています。

旧眺峰館:写真

旧眺峰館
[ 付近地図: 静岡県富士市 ]・[ 富士市:歴史・観光・見所 ]
旧眺峰館 旧眺峰館 旧眺峰館 旧眺峰館


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。