磐田市: 中泉寺

  静岡県:歴史・観光・見所磐田市:歴史・観光・見所>中泉寺

概要・歴史・観光・見所
中泉寺(磐田市)概要: 大池山中泉寺は静岡県磐田市中泉御殿町に境内を構えている臨済宗妙心寺派の寺院です。の創建は永禄5年(1562)、徳川家康が鷹狩りで中泉御殿を訪れた際、梅翁和尚を招いて開いたのが始まりと伝えられています。家康は深く帰依し、寺領の寄進や堂宇の造営、葵の御紋を寺紋として使用を許可した事から「御殿のお寺」の別称があり内部には家康の位牌が安置されています。江戸時代中期の元禄14年(1701)に鎌倉円覚寺派から妙心寺派に転派しています。

中泉寺山門は中泉陣屋の裏門を移築されたと伝えられるもので、切妻、桟瓦葺き、一間一戸、四脚門。本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺き、平入、桁行6間、外壁は真壁造白漆喰仕上げ、中央には「中泉寺」の寺号額が掲げられています(玄関は唐破風、式台付)。山号:大池山。宗派:臨済宗妙心寺派。本尊:虚空蔵菩薩。

中泉寺:写真

中泉寺
[ 付近地図: 静岡県磐田市 ]・[ 磐田市:歴史・観光・見所 ]
中泉寺 中泉寺 中泉寺 中泉寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。