富士山本宮浅間大社: 湧玉池

  静岡県:歴史・観光・見所富士宮市:歴史・観光・見所>湧玉池

概要・歴史・観光・見所
湧玉池(富士宮市)概要: 湧玉池は富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市宮町)の境内にある湧水です。全て富士山の伏流水からなるものとされ1年間増減、温度が変わり無く摂氏13度前後の湧水が1日約20万トンが湧き出ると言われています。古くから富士山登拝の際の禊の場としても知られ、富士山信仰の信者達は湧玉池で身を清めて六根清浄を唱えながら富士山頂上を目指したと伝えられています。平安時代の歌人平兼盛も富士山本宮浅間大社参拝時に湧玉池を訪れており"つかうべきかずにをとらん浅間なる御手洗川のそこにわく玉"の歌を残しています。又、室町時代に製作された絹本著色富士曼荼羅図にも湧玉池が描かれていることからも富士山信仰の上で重要な役割の1つの要素にもなり、湧玉池での洗物の禁止や上流での殺傷の禁止などが規制され聖地として整備されました。湧玉池の水源の岩上には富士山本宮浅間大社の末社で守護神と思われる水屋神社が鎮座し、社殿は、木造平屋建て、切妻、銅板葺き、平入、桁行2間、張間1間、外壁は真壁造り板張り朱塗り、御井神と鳴雷神が祭られています。湧玉池は昭和27年(1952)に国指定特別天然記念物、昭和61年(1986)に静岡県の自然百選、平成20年(2008)に平成の名水百選にそれぞれ指定、選定されています。

湧玉池:写真

湧玉池
[ 付近地図: 静岡県富士宮市 ]・[ 富士宮市:歴史・観光・見所 ]
湧玉池 湧玉池 湧玉池 湧玉池


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。