浜松市: 三社神社

  静岡県:歴史・観光・見所浜松市:歴史・観光・見所>三社神社

概要・歴史・観光・見所
三社神社(浜松市)概要: 三社神社は静岡県浜松市中区鹿谷町に鎮座している神社です。三社神社の創建は平安時代初期の延暦15年(796)、坂上田村麻呂が東夷東征の際、岩田海が荒れ狂い長期の滞在を余儀なくされました。すると陣中に1人の美女が現れ田村麻呂の子を授かります。しかし、その美女は大蛇の化身で、岩田海を荒れさせていた事を知り、天照大神、誉田別命、天児屋根命の分霊を勧請し祈願すると大蛇は海に帰り岩田海も静まったと伝えられています。以来、当地の氏神として崇敬され、延元2年(1337)には宗良親王が参拝に訪れ、村人達が栗飯を献上した事に感謝し社殿を造営したとも云われています。元亀3年(1572)、三方原の戦いの兵火により社殿、社宝、記録などが焼失し一時衰退しますが、寛文8年(1668)、当時の浜松藩主太田資宗が社殿を造営し現在地に遷座しました。以来、歴代浜松藩主の祈願所として庇護されました。明治7年(1874)に一端秋葉神社に合併されましたが、明治11年(1878)、再び独立し旧境内に遷座しています。祭神:天照大神、誉田別命、天児屋根命。

三社神社:写真

三社神社
[ 付近地図: 静岡県浜松市 ]・[ 浜松市:歴史・観光・見所 ]
三社神社 三社神社 三社神社 三社神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。