浜松市: 東照宮

  静岡県:歴史・観光・見所浜松市:歴史・観光・見所>東照宮

概要・歴史・観光・見所
東照宮(浜松市)概要: 東照宮は静岡県浜松市中区元城町に鎮座している神社です。東照宮の創建は、明治10年(1877)旧幕臣で浜松藩代を勤めた井上八郎氏が発願し、明治17年(1884)又は明治18年(1885)頃に日光東照宮(栃木県日光市)の分霊(徳川家康の御霊)を勧請したのが始まりとされます。井上氏は祭祀、管理を大日本報徳社に委ねられていましたが、昭和11年(1936)から大石氏に管理が移り、現在は元城町の氏神となっています。昭和20年(1945)、戦災により社殿が焼失し一時荒廃しましたが昭和34年(1959)に再建されました。

現在の東照宮社殿はその当時のもので、拝殿は鉄筋コンクリー造平屋建て、入母屋、正面千鳥破風、銅板葺き、平入、桁行3間、張間3間、正面1間唐破風向拝付き。本殿は鉄筋コンクリー造一間社入母屋造、銅板葺き。手水舎は鉄筋コンクリー造、切妻、銅板葺き、外壁は柱のみの吹き放し、欄間部には猫の彫刻。東照宮の境内は引間城(曳馬城)跡で、浜松城時代は米蔵が配された城郭の一角でした。祭神:徳川家康、事代主命、大国主命。

東照宮:写真

東照宮
[ 付近地図: 静岡県浜松市 ]・[ 浜松市:歴史・観光・見所 ]
東照宮 東照宮 東照宮 東照宮


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。