浜松市: 旧遠州銀行本店

  静岡県:歴史・観光・見所浜松市:歴史・観光・見所>旧遠州銀行本店

概要・歴史・観光・見所
旧遠州銀行本店(浜松市)概要: 旧遠州銀行本店は静岡県浜松市中区田町に位置しています。大正9年(1920)に資産銀行と西遠銀行が合併し遠州銀行が発足、昭和18年(1943)に静岡三十五銀行と合併して静岡銀行が発足、遠州銀行本店は静岡銀行浜松支店となっています。

現在の旧遠州銀行本店(静岡銀行浜松営業部)は昭和6年(1931)に設計中村與資平、施工清水組で建てられた建物です。鉄筋コンクリート地上3階地下1階建、延床面積2342u、1階開口部上部のアーチ、縦長の開口部、軒下の蛇腹、基礎の石張、イオニア式の柱頭飾りなど当時の洋風金融建築の特徴をよく残しています。旧遠州銀行本店は浜松市に残る数少ない昭和初期の金融建築の遺構として貴重な事から平成17年(2005)に浜松市指定文化財に指定されています。

旧遠州銀行本店:写真

旧遠州銀行本店
[ 付近地図: 静岡県浜松市 ]・[ 浜松市:歴史・観光・見所 ]
旧遠州銀行本店 旧遠州銀行本店 旧遠州銀行本店 旧遠州銀行本店


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。