伊豆の国市: 広瀬神社

  静岡県:歴史・観光・見所伊豆の国市:歴史・観光・見所>広瀬神社

概要・歴史・観光・見所
広瀬神社(伊豆の国市)概要: 広瀬神社は静岡県伊豆の国市田京に鎮座している神社です。広瀬神社の創建は奈良時代の天平5年(733)に伊予国から勧請されたのが始まりと伝えられています。一方、三嶋大社に伝わる社伝によれば、三嶋大社の御霊は元々三宅島(現在の富賀神社?)に鎮座していましたが下田の白浜海岸(現在の伊古奈比当ス神社?)に上陸した後、広瀬神社の境内に遷座し、後に現在の三島の地に移ったとされます。ただし、当地が狩野川に隣接し広い川瀬だった事が推察される為、元々川神や水神を祭る社として創建された思われます。当時は社運が隆盛し、延長5年(927)に編纂された延喜式神名帳では式内社(広瀬神社又は軽野神社)として記載され、康平年間(1058〜1065年)に編纂された伊豆国神階帳では従一位に列しています。

歴代の領主からも崇敬され、源頼朝や北条時政などから多くの社宝や社領が寄進、田中郷5ヶ村の総鎮守としても広く信仰され最盛期には禰宜36人、供僧6坊を擁し社領は8町8反大50歩永80貫文を領し、社殿には金銀をちりばめた豪勢な建物だったそうです。天正18年(1590)豊臣秀吉の小田原の役の際、韮山城にも戦禍が広がりその兵火により多くの社殿、社宝、記録などが焼失し社領も認められなかった事で一時衰退します。その後、慶長元年(1596年)に再興され、寛永10年(1633)、寛文9年(1669)、亨保4年(1719)、明和9年(1772)に社殿の改修が行われています。古くから神仏習合し江戸時代には福沢大明神や深沢明神と称しいましたが、明治時代初頭に発令された神仏分離令により仏式が廃され明治6年(1873)に郷社、明治31年(1898)に県社に列し、社号も深沢神社を経て明治28年(1895)に旧社号である広瀬神社に復しています。

広瀬神社の神域は神聖視された為、古木巨木が多く名称「広瀬神社の社」として伊豆の国市指定天然記念物に指定されています。例祭で奉納される「式三番」は古式を伝える行事として貴重な事から伊豆の国市指定無形民俗文化財に指定されています。祭神:三島溝杙姫命、他2神。

広瀬神社:写真

広瀬神社
[ 付近地図: 静岡県伊豆の国市 ]・[ 伊豆の国市:歴史・観光・見所 ]
広瀬神社 広瀬神社 広瀬神社 広瀬神社
広瀬神社 広瀬神社 広瀬神社 広瀬神社


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。