三島市: 時の鐘

  静岡県:歴史・観光・見所三島市:歴史・観光・見所>時の鐘

概要・歴史・観光・見所
時の鐘(三島市)概要: 時の鐘は静岡県三島市広小路町に位置しています。時の鐘時の鐘の創建は江戸時代初期の寛永年間(1624〜1644年)に三石神社の境内に設置されたのが始まりと伝えられています。当時から三島宿の住民や東海道を利用する旅人達に愛され、三島八景(三嶋大社の群鳥・水上の富士・間眠の夜雨・加茂川の蛍・広瀬の秋月・広小路の晩鐘・千貫樋の夕景・小浜山の暮雪)の1つにも数えられていました。第二次世界大戦の折、軍により鐘が供出され、宝暦11年(1761)に鋳物師沼上氏が鋳造された鐘は失われましたが、昭和25年(1950)に市民の有志により再び鐘がよみがえりました。

時の鐘:写真

時の鐘
[ 付近地図: 静岡県三島市 ]・[ 三島市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。