伊豆市: 宝蔵院

  静岡県:歴史・観光・見所伊豆市:歴史・観光・見所>宝蔵院

概要・歴史・観光・見所
宝蔵院(伊豆市)概要: 船原山宝蔵院は静岡県伊豆市下船原に境内を構えている曹洞宗の寺院です。宝蔵院宝蔵院の創建は延暦19年(800)、弘法大師空海が開いたのが始まりと伝えられています。境内にある「いの字石」は空海が宝蔵院の山門前で発見され、法力によって「い」の字を刻んだと伝わるもので古くから無病息災に御利益があると信じられています。その後、慶長3年(1598)、佛山長壽禅師が改めて開山し永平寺(福井県永平寺町)の末寺となっています。現在の宝蔵院山門は万治2年(1659)に再建、単層切妻、銅板葺(元茅葺)、間口3m、奥行3.1m、一間一戸、四脚門、彫刻は2代目甚五郎が彫ったものと伝えられもので、江戸時代初期に建てられた寺院山門建築の遺構として貴重な事から昭和58年(1983)に伊豆市指定文化財に指定されています。山号:船原山。宗派:曹洞宗。本尊 釈迦如来。

宝蔵院:写真

宝蔵院
[ 付近地図: 静岡県伊豆市 ]・[ 伊豆市:歴史・観光・見所 ]
宝蔵院 宝蔵院 宝蔵院 宝蔵院


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。