伊豆市: 善名寺(吉奈温泉)

  静岡県:歴史・観光・見所伊豆市:歴史・観光・見所>善名寺(吉奈温泉)

概要・歴史・観光・見所
善名寺(吉奈温泉)概要: 医王山善名寺は静岡県伊豆市吉奈に境内を構えている日蓮宗の寺院です。善名寺の創建は神亀元年(724)、諸国を巡錫していた行基菩薩(奈良時代の高僧)が当地に一宇を設け自ら彫り込んだ釈迦如来像、薬師如来像、阿弥陀如来像の三尊を安置したのが始まりと伝えられています。その際、霊夢で妙湯権現が出現し源泉の場所を告げたので、早速その場所(境内)掘ってみると懇々と霊泉湧き出し何時しか吉奈温泉(泉質:アルカリ性単純温泉・泉温:44〜55℃)と呼ばれるようになりました。安貞年間(1227〜1228年)、幸賢大徳が再興し七堂伽藍を整備すると十二神将を彫り込み安置、その後は寺運が隆盛し真言宗の巨刹として名を馳せました。室町時代に入ると天災や人災が重なり次第に衰退し廃寺同然の状態になりましたが、江戸時代に入ると徳川家康の愛妾お万の方(養珠院)が善名寺を帰依した事で再興し、お万の方が日頃信仰していた法華宗に改宗しました。伝承によるとお万の方は世継ぎが生まれない事を憂いていた際、善名寺に子宝祈願を行い吉奈温泉に浸かったところ、見事懐妊し、後の紀州藩主徳川頼宣と水戸藩主徳川頼房を出産した事から霊験に感謝し元禄2年(1689)に堂宇を大改修したと伝えられています。

現在の善名寺本堂は大正10年(1921)に再建されたもので木造平屋建て、寄棟、桟瓦葺、平入、桁行6間、梁間4間、正面1間向拝付、外壁は真壁造白漆喰仕上げ。境内は本堂の他、薬師堂や不動堂、庫裏、水屋などを備え仏餉鉢や木造薬師如来座像など数多くの寺宝を所有し文化財指定されています。山号:医王山。宗派:日蓮宗。本尊:十界大曼荼羅。

善名寺の文化財
・ 仏餉鉢-安貞2年-青銅製,口径203p,高さ82p-静岡県指定文化財
・ 木造薬師如来座像-平安中期-カヤ材,一木造,像高149p-県指定文化財
・ 木造釈迦如来像-平安中期-桧材,一木造,像高141p-伊豆市指定文化財
・ 木造菩薩形立像-平安後期-桧材,一木造,像高110p-伊豆市指定文化財
・ 木造蔵王権現立像-平安後期-桧材,一木造,像高148p-伊豆市指定文化財
・ 木造天部形立像-平安後期-桧材,一木造,像高113.5p-伊豆市指定文化財
・ 永正の鰐口-永正4年-青銅製、直径22p-伊豆市指定文化財

不動堂の文化財
・ 妙湯大権現-平安後期-桧材,一木造,像高81p-伊豆市指定文化財
・ 木造天部形立像-平安後期-桧材,一木造,像高114p-伊豆市指定文化財

善名寺:写真

善名寺
[ 付近地図: 静岡県伊豆市 ]・[ 伊豆市:歴史・観光・見所 ]
善名寺 善名寺 善名寺 善名寺


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。