伊東温泉: 最誓寺

  静岡県:歴史・観光・見所伊東温泉:歴史・観光・見所>最誓寺

概要・歴史・観光・見所
最誓寺(伊東市)概要: 宝珠山最誓寺は静岡県伊東市音無町に境内を構えている曹洞宗の寺院です。最誓寺の創建は鎌倉時代初期、江間小四郎北条泰時の室である八重姫の発願により開かれたのが始まりとされます。八重姫は平家の重臣伊東祐親の3女にあたる人物で、源頼朝が当地に配流になっていた際、恋仲となり一子千鶴丸をもうけましたが、その話を聞いた祐親は逆鱗し千鶴丸を松川に沈め平家に忠誠を誓いました。その後、八重姫は北条義時に嫁ぎ千鶴丸の菩提を弔う為、御堂を建立し西成寺と名付け、慶長元年(1596)には宗銀が曹洞宗に改宗し寺号を最誓寺に改めました。

最誓寺境内にある伊東家の墓は元々東光寺に建立されていたものでしたが、伊東家の衰えと共に寺運も衰退し江戸時代末期には廃寺となり一族の宝篋印塔や五輪塔などが最誓寺に移されました。昭和34年(1959)に再建された本堂は木造平屋建て、入母屋、桟瓦葺、平入、桁行6間、正面1間唐破風向拝付、外壁は真壁造白漆喰仕上げ、内部には本尊である阿弥陀如来像の他、八重姫が奉納した千鶴丸地蔵菩薩像が安置されています。伊東氏の墓は伊東の歴史を語る貴重なものとして昭和34年(1959)に伊東市指定史跡に、境内にある大ソテツ(推定樹齢600年)が伊東市指定天然記念物にそれぞれ指定されています。伊東七福神:寿老神。山号:宝珠山。宗派:曹洞宗。本尊:阿弥陀如来。

最誓寺:写真

最誓寺
[ 付近地図: 静岡県伊東市 ]・[ 伊東市:歴史・観光・見所 ]
最誓寺 最誓寺 最誓寺 最誓寺

伊東温泉:共同温泉

旅館いな葉
旅館いな葉
旅館いな葉
岡布袋の湯
岡布袋の湯
岡布袋の湯
松原大黒天
松原大黒天の湯
松原大黒天の湯
毘沙門天
毘沙門の湯
毘沙門天芝の湯
布袋尊の湯
布袋尊の湯
小川布袋尊の湯
弁天の湯
弁天の湯
弁天の湯
和田老寿神
和田寿老人の湯
和田寿老人の湯
 
白
 
 
白
 
 
白
 


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。