掛川市: 有栖川宮邸

  静岡県:歴史・観光・見所掛川市:歴史・観光・見所>有栖川宮邸

概要・歴史・観光・見所
有栖川宮邸(掛川市)概要: 有栖川宮邸は静岡県掛川市掛川に位置しています。有栖川宮邸案内板によると「 霞ヶ関に有栖川宮熾仁(倒幕の総大将)親王邸として明治17年建築。昭和13年ここに移された数少ない明治の宮廷建築です。」とあります。有栖川宮邸は明治17年(1884)に有栖川宮熾仁親王邸として建てられたもので、その後はヶ関離宮、東宮仮御所、宮内省帝室林野局仮宿舎として利用されました。昭和13年(1938)に当時の大日本報徳社の社長一木喜徳郎(帝国大学法科大学教授、貴族院議員、法制局長官、文部大臣、内務大臣、帝国学士院会員、宮内大臣、枢密院議長)の尽力により宮内庁から下賜され現在地に移築されました。建物は木造平屋建て、寄棟、平入、桟瓦葺き、数寄屋風、昭和初期に建てられた宮家邸宅建築の遺構として貴重な事から、名称「旧有栖川宮熾仁親王邸御座所及び侍女部屋(大日本報徳社仰徳記念館及び仰徳学寮)」として平成26年(2014)に静岡県指定文化財(建造物)に指定されています。

有栖川宮邸:写真

有栖川宮邸
[ 付近地図: 静岡県掛川市 ]・[ 掛川市:歴史・観光・見所 ]


※ 相談や質問は大変失礼ですが、メールのみとさせていただきます。 回答によって不都合や不利益をこうむっても当サイトは一切責任を負いません。又、回答を直接的(当サイトの名前を使って)に交渉や請求の手段とすることはご遠慮くださるようお願い申し上げます。 予告なしに追加、書き替えを行いますのでご了承ください。尚、「静岡県歴史観光案内所」は「静岡県の歴史」、「郷土資料辞典−静岡県」、「日本の城下町−東海」、「城郭と城下町−東海」、「東海道」、「パンフレット」、「案内板」、「関係HP」等を参考にさせていただいています。